ドローン活用サービスのご案内

産業ドローン専門XD仙台では、「このようなことはできないか?」といったような、お客さまからの要望に応じ、今までにないドローン活用をご提案しております。

手軽に利用できるドローンをモットーに、一般企業様ならびに個人様からのご依頼に、柔軟かつ積極的に対応いたします。

ドローンを現場で利用するには?

ドローンを現場で利用するには?
民間の無人航空機(UAV)は、世界各国で次々と新たな用途が模索されています。

おもな用途としては、農薬散布、写真撮影、災害調査、架線工事、宅配便、警察、研究用実験機などが知られていますが、全体的に大がかりな作業、事業等での使用目的が目立ちます。

そのため自治体など大きな組織が関わるケースが多く、提案から運用にいたるまでの時間も長く、費用面もネックとなり導入は簡単なものではありません。

もっと身近に手軽に! ドローンを活用してみましょう!

そこで弊社では「一般企業様や個人様が、もっと気軽にドローンを使った何かができないか」と考えました。

例えば、良く知られている空撮をはじめ、管理する土地の不法投棄状況、海の浸食具合、天敵となる動物の駆除といった調査利用です。

これら今まで人間によって行われてきた作業がドローンでできるようになれば、大幅なコスト削減と効率アップにつながる可能性があるでしょう。

ドローンの活躍の場は、今まで熟練の人間がかかわってきた作業において、意外な形で広がりを見せています。

あなたの身近なところでも、ドローンを使うということは今まで考えつかなかったけれど、もしかしたらうまく利用することができるのではないか、というようなものがあるかもしれません。

そのような状況に対し弊社は柔軟に対応し、ドローン活用ができればと考えております。

主な事業内容

「高解像度カメラによる動画・静止画の空撮」

高解像度カメラによる動画・静止画の空撮

空撮とは文字通り、航空機を使って空から撮影する方法です。

従来は飛行機やヘリコプターを使い人間の手によって撮影する方法が一般的でしたが、ドローンやマルチコプターによる撮影が可能になったことで、低高度からの空撮、空からの偵察など、鮮明でブレのない高解像度の映像や写真を撮影することが可能となりました。

「定点観測調査」

定点観測調査
調べるべき場所を定点(同じ場所)として決め、そこを基準として定期的にドローンを飛ばし、変化等を見て調査を行います。

ドローンはGPSで登録した場所を自動で飛ばすことができる機能があるため、毎回同じように飛ばすことが可能です。

代表例として、空撮写真を3D化して発育状況を調べるなど水田での調査・情報収集が良く知られています。

ドローンにつけるカメラを変えることで、さまざまな調査が可能になるので、農業分野では特に活躍が期待されています。

「”赤外線カメラを使った調査」

赤外線カメラを使った調査

高感度で360度回転する赤外線カメラをつけて空中撮影を行います。

背景温度や放射率など、外部パラメーターを設定することで温度測定の精度をさらに高めることが可能。

温度が検知されると自動的に知らせ、温度差が激しい場所の調査活動や探索救助が効率良くできます。

また微妙な温度差を可視化することで、今まで肉眼では見えなかった世界が見えるようになり、精密農法やソーラーパネル検査なども容易になります。

「マルチスペクトル・センサーを使った調査」

マルチスペクトル・センサーを使った調査
2016年2月には、ドローンやヘッドホンなどを手掛けるParrotから、あらゆる民生ドローンに搭載できるマルチスペクトル・センサー「Sequoia」が発表されました。

人の目には見えない波長を観測し、農業の効率化を図るためのあらゆるデータ収集が可能となります。

この時点での日本での販売は未定ですが、弊社ではお客さまからの要望に合わせ、データ収集に必要なさまざまなカメラを用意し対応してまいります。

コメントは受け付けていません。

お問合せ・ご相談はこちら

ドローンサービスについてのお問合せやご相談

ドローンサービスについてのお問合せやご相談

電話:022-738-7828
メール:info@xd-fun.com