敷居はもう低い!ドローン飛行許可をオンライン申請する方法

ゴリラがオンライン申請する

ドローンを飛行するにあたり、直面するのが飛行許可・承認の申請手続き。これまでは書面でしかできませんでしたが、2018年4月から申請から許可・承認まで一連の流れをオンラインで行うことが可能となりました。

八木まさる
ドローンの飛行申請って国土交通省に行かなきゃできないんですか?郵送ができるとしても…う~ん、何だか難しそうだなぁ…。
エックス-D.仙台
今は、インターネットでオンライン申請が可能になったんですよ!
八木まさる
えっ?!本当ですか?それなら誰でも手軽に申請できそうですね!
エックス-D.仙台
今の時代ならではですよね。オンラインで申請するメリットは、

  • 24時間365日いつでも申請可能
  • 申請内容を自動チェックするため、はじめてでも簡単
  • 過去に許可・承認を受けた申請書を再利用できる

それではパソコンでのweb申請方法を解説します♪

WEB申請できる手続は3種類

国土交通省ドローン情報基盤システム

まずは国土交通省のドローン情報基盤システム(DIPS)にアクセスしてください。ここでできる申請手続きは3種類です。

  • 無人航空機の飛行許可・承認
  • 無人航空機の飛行実績の報告
  • 無人航空機による事故等の情報提供
エックス-D.仙台
ドローン情報基盤システム(DIPS)って、少し堅苦しい言い方ですが、簡単にいえば航空法に基づいてオンラインで無人飛行機に関する手続きが取れるシステムの総称ですよ。
申請はいつでも可能ですが、審査されるのは平日の各担当機関による窓口営業時間のみです。

WEB申請で必要な事前準備

メールアドレスを用意する

ドローン情報基盤システムにログインするためには、申請者IDの発行をしなければいけません。そのためにはまずはメールアドレスをご用意ください。

「information@dips.mlit.go.jp」を受信できるよう設定をしておきましょう。
オンラインでも手続きはお早めに!

申請は飛行開始の予定日よりも10日前には申請をしましょう。窓口がお休みの土日祝日は日数には含まれませんのでご注意を。

エックス-D.仙台
飛行禁止区域や夜間、また目視外などの飛行には、必ず国土交通省の許可または承認が必須です。

もちろん従来による書面の手続きも可能ですが、インターネット上でできるのは大変便利ですよね。では、これから具体的な申請方法を解説します。

オンラインで行う飛行許可の申請方法

オンライン申請

オンラインで飛行許可をするための事前準備ができたら、いよいよ申請です。慌てずに操作すれば誰でも行えます。ドローンの世界に入門したばかりの方もパソコン初心者でも、リラックスして手続きにチャレンジしてみましょう。

八木まさる
よし!アドレスも用意したし、セキュリティ対策もばっちりです!
エックス-D.仙台
ドローンの飛行許可をオンラインで行うための事前準備はできたようですね。

それではドローン情報基盤システム(DIPS)にアクセスして実際に申請手続きを取っていきましょう♪

八木まさる
パソコンは不慣れだけど、新しい農業を切り開くには必須ですよね!頑張ってやってみます!

はじめに行う「アカウント開設」

オンラインで手続きをしたことのない方は、まずはじめにトップページにあるアカウント開設から、申請者情報を登録してIDを発行する必要があります。

エックス-D.仙台
ここでは個人としてアカウントを開設する手順をご説明しますね。

《はじめての方》をクリックする


個人で登録するのか、企業・団体としてなのかを選択します。ここでは《個人》を選択しています。

利用規約同意画面に同意する


利用規約を読み、《同意する》をクリックします。

申請者の情報を入力する


必要事項を入力します。秘密の質問と回答は忘れないよう保管しておきましょう。

操縦士情報の記載について

操縦士の住所は、都道府県から記載しないと修正依頼が入る要因となります。


登録した情報を確認する


登録した情報を確認して《登録する》をクリックします。

仮登録の完了


仮登録が完了しました。《OK》をクリックします。

受信したメールを確認する


登録したアドレスにメールが送られてくるので、URLをクリックしてください。

登録の完了


申請者情報が登録されました。《OK》をクリックして完了です。

ログインして機体&操縦者の情報登録

アカウントの開設が完了したら、ログインしましょう。トップページにある《準備が済んでいる方 > ログインへ》をクリックして、発行されたIDとパスワードを入力してメイン画面を開いてください。

ログインする


準備が済んでいる方《ログインへ》をクリックします。


申請者IDとパスワードを入力して《ログインへ》をクリックします。

メイン画面が表示されます。

アクセスが集中しているときは、動作が遅くなる場合があります。また時間が経つとセッションが切れる場合もありますので、再度ログインが必要となります。

機体&操縦士の情報登録をする

まずは、所有している無人航空機等の機体と操縦者の情報を登録してください。

機体情報の登録

機体情報を登録します。ここではDJI社の機体を登録しますので、《ホームページ掲載無人航空機》を選択します。

ホームページ掲載以外の無人航空機や自作機などを登録する場合は、《ホームページ掲載以外の無人航空機》を選択して詳細を記載する必要があります。


製造者名をプルタウンメニューから選択して《検索》をクリックします。ここではDJIを選択しました。


製造元の機体一覧が表示されますので、当てはまる機体を選択してください。

A~G の記号は、航空局が確認した飛行形態の区分です。

航空局が確認した飛行形態の区分
A 基本的機能及び性能
B 進入表面等の上空又は地表若しくは水面から150mの高さの空域における飛行のための基準
C 人又は家屋の密集している地域の上空における飛行のための基準 地上又は水上の人又は物件との間に所定の距離が保てない飛行のための基準 多数の者が集結する催し場所の上空における飛行のための基準
C1 「C」と同じ。 ただし、プロペラガードを装備した場合に限る
D 夜間のための基準
E 目視外飛行のための基準
E1 「E」と同じ。ただし下記のメーカー指定の自動操縦システム及び機外の様子を監視できるカメラを装備した場合に限る
DJI社製 :DJI GS Pro アプリ
3D Robotic, Inc.社製 :TOWERアプリ
(株)エンルート社製 :Mission Planner
F 基本的機能及び性能
G 物件投下を行うための基準

操縦士情報の登録

操縦者の登録をします。HP掲載団体技能認定の有無によりどちらかを選択してください。

HP掲載団体技能認証あり
HP掲載団体技能認証なし

申請書を作成する前には、必ずこれら2つの情報を登録してください。

操縦者情報を記入する際には、下記のように飛行可能な機体を選択する項目もありますので、先に機体情報を登録しておきましょう。

飛行許可の申請書作成&提出をする

情報の登録が完了したら、飛行許可の申請書の作成&提出をしましょう。

申告書の作成(業務目的の場合)


申告書の作成(新規)をクリックします。

1年間の全国包括許可として、《人口集中地区》《30m未満の飛行》《目視外飛行》この3つを許可申請する目的で解説します。

飛行目的を入力する

飛行目的を記入してください。ここでは業務目的として申告します。(1)から必要な項目にチェックを入れてください。ここでは《空撮》《測量》《環境調査》を選択しました。

飛行許可が必要な項目を入力する

当てはまる飛行目的にチェックを入れ、飛行理由を選択します。

web申請

ここでは《人口集中地区》での飛行目的として、①を選択しました。

②《地表や水面から150m以上の高さの空域》や③《空港周辺》、若しくは次の項目にある《催し物上空の飛行》を選択した場合は、飛行する最大高度を記入する必要があります。

また、②《地表や水面から150m以上の高さの空域》や③《空港周辺》を選択した場合は、空域を管轄する機関と調査結果を記入してください。

飛行承認が必要な項目を入力する

ここでは《30m未満の飛行》《目視外飛行》での飛行目的として①と④を選択しました。

飛行期間や飛行場所の選択をします。ここでは1年間の全国包括許可を目的と仮定して選択しています。

飛行開始期間について

飛行開始予定日の少なくとも10開庁日前までに申請しましょう。申請内容に応じて、地方航空局又は空港事務所あてに不備等がない状態で提出する必要があります。

それ以前に申請を提出した場合、修正依頼が入る要因となります。


飛行場所を入力する

飛行する場所を入力します。ここでは全国を飛行する目的として選択しています。その他を選択した場合は、都道府県名を記載してください。

飛行するための条件、安全面への配所などを記載。例:《飛行マニュアルに厳守する》など。

申請先を移住地により選択してください。ここでは宮城県の場合は《東京航空局》を選択します。

必要項目を入力したら《次へ》をクリックして3ページ目へと進みます。

機体および操縦者、マニュアル情報を入力する

機体および操縦者、飛行に基づくマニュアルについて必要事項を入力していきます。

WEB申請

機体を選択する

機体により許可内容に該当しないとエラーになりがちの項目です。

Phamtom4 も、基準に満たしていないと表示されています。このような場合は、基準を満たすために《追加基準》をクリックして、情報を入力してください。

  • 基準値を満たすプロペラガードを装着する
  • メーカー指定の自動操縦システムを使用する
  • 飛行状況や周囲を把握する補助者がいる
  • プロポ画面により機体位置や異常の有無を確認できる
  • フェールセーフ機能を作動できる

このような追加基準があり、必要に応じて写真などの資料添付をする必要があります。なお、添付するデータは2MB以内です。

操縦士を選択する

操縦士を選択します。10時間以上の飛行履歴が無い、飛行目的に実績が無い場合は、安全対策を記載してください。


登録した機体、操縦者を選択が終わったら、使用する飛行マニュアルを選択してください。ここでは、《その他マニュアル》を選択しています。

なお、《その他のマニュアル》を選択した場合は、マニュアルを添付する必要があります。

《その他のマニュアル》を選択した場合について

その他マニュアルを使用する場合は、8-(2)での項目「航空局標準マニュアルと同等の水準ですか。」に《いいえ》を選択して、該当箇所とその概要を記載する必要があります。

概要ですが、簡単におまとめください。内容に間違いが無くても文章が長いと下記のように修正依頼が入ります。

加入保険、その他必要事項を入力する

賠償責任保険に加入している場合は、保険会社名、補償金額を記載してください。また、許可証を電子書面か紙で受け取るかを選択します。

申請した内容は、提出先の地方交通局や空港事務所等で審査され、完了すると許可書が登録されたというメールが送られてきますので、受信したらドローン情報基盤システムにアクセスをして、ファイルをダウンロードしてください。

書面の場合は、原本の受領が必要。

許可書は、上記のように申請書作成時に《電子許可書》《紙の許可書》のいずれかを選択できます。(申請書類/11項目)

《紙の許可書》を選択した場合は、ダウンロードしても許可書の写しとしてですので、原本を受領する必要があります。切手を貼りつけた返信用封筒を、提出先の地方航空局や空港事務所等に郵送してください。許可書の原本が返送されて完了です。

来訪日を伝えることによって、提出先の窓口で受け取ることも可能です。

入力した情報を確認する

入力した情報を基に申請書が作成されているので、申請書の内容に間違いなければ、チェックを入れて《申請する》をクリックしてください。

申請様式や資料はそれぞれ別ウィンドウで開かれます。保存・印刷する場合は、各様式をブラウザから行ってください。

申請完了

申請の手続きが完了しました。《OK》をクリックして終了してください。なお、申請内容は、メニューページの《申請書一覧》から確認できます。

このように《審査中》と表示されています。

手続き終了通知

審査が終了するとメールにて通知が届きます。

申請書一覧にアクセスすると、下記のように《手続き終了》と表示されていますので、《照会編集》をクリックして内容をお確かめください。

ドローンのオンライン申請は無料

書面の場合は返信用封筒の切手代はかかりますが、オンラインでの申請は無料です。

システムメンテナンス中などを除けば、365日24時間いつでも申請できるのが、オンラインの特長ですね。記入漏れなどがあれば自動的にチェックもしてくれるので、書面での手続きよりも遥かに敷居の低いものとなったのではないでしょうか?

審査は月曜日から金曜日(祝祭日・年末年始を除く)の間となりますので、申請は早めに行うことをお薦めします。

お問合せはこちら

仙台でドローンのご相談

ドローンサービスについてのお問合せやご相談
電話:022-739-8861

コメントは受け付けていません。