農薬散布用ドローンMG-1スクールと機体販売のご案内

農薬散布用ドローンスクール

近年、ドローンの進化と法規制の飽和により、本格的に農薬散布に利用できるようになりました。ドローンは今後確実に、産業分野に大きな変化をもたらします。まずはドローン散布の特徴を知り、あなたの事業にお役立てください。

「ドローンで何ができるの?」少しでもご興味のあるかた、ぜひ弊社にお気軽にお問い合わせください。農業分野におけるドローン活用の効率性やメリットデメリットなど、丁寧に説明いたします。

開催期間:8月26日~29日(4日間)
種別:農薬散布用MG-1認定講習


開催期間:9月5日~8日(4日間)※土日を含んだ講習
農薬散布用MG-1認定講習

農薬散布用ドローンの事業

農薬散布専用ドローンMG1 を使った講習。認定証の取得。
農薬散布専用ドローンMG1 の販売、メンテナンスなどのアフターケアを行います。
農業専門ドローンの導入についてのご相談。またコンサルティングを請負います。
農薬散布専用ドローンMG1 を使い、農薬散布を請負います。

弊社では、農薬散布専用ドローンAGARAS MG-1 を主とした農業分野でのドローン事業にも力を注いでおります。農薬散布におけるドローンの認定証取得、MG-1の使い方、導入のご相談、またメンテナンスなどのアフターケアをいたします。

AGARAS MG-1 とは?

 

AGARAS MG-1 は、農林水産航空協会が認定した農薬散布専用ドローンです。操縦には「産業用マルチローターオペレーター技能認定証」という認定証が必要になります。操作しやすい設計、安定性、コンパクトさ、メンテナンスの容易さなどが特徴です。

最大10Lの液剤を積んで10分で1ヘクタールの散布を実現します。粒剤にも対応。
密閉されたボティと遠心冷却システム。防塵(IP43保護等級)
ヘリコプターによる散布と比べ低コスト、持ち運びが断然楽になります。
世界中で使われるドローンメーカーによる抜群の安定飛行。他社の追随を許しません。

農薬散布用ドローン導入・利用の流れ

MG-1農薬散布用ドローン

農薬散布用ドローンの操縦や購入には認定のスクールにて技能認定証を取得する必要があります。

ここで取得できる認定証は、農林水産航空協会認定のAGARAS MG-1「産業用マルチローターオペレーター技能認定証」となり、講習は座学と実技で、弊社の用意する教習施設になります。宮城県は仙台市泉区での講習となります。

認定スクールの受講

農薬散布用ドローンスクール認定スクールに入校後、産業用マルチローターオペレーター技能認定証を取得していただきます。弊社専属MG-1インストラクターが農薬散布にかかわる座学及び実技の講習を行います。宮城県は仙台市泉区での講習となります。


認定証の取得

MG-1の認定証スクールは初心者を対象とした5日間コース、散布経験者を対象とした3日間コースを設けています。日程のご相談はお気軽に。


機体の導入

MG-1の導入スクールにて無事「産業用マルチローターオペレーター技能認定証」を取得したあとは、ご希望の方は機体導入になります。必要な機材をお伺いした上でお見積りを提示します。納品時には機体の説明や納品講習を行います。


定期点検

MG-1の定期点検1年に1回、弊社スタッフによる機体の各種部品の検査、点検を年に一度行い、安全に飛行できるようにします。

導入前のデモや機体のご説明などは随時おこなっておりますので、お気軽にお問合せください。

MG-1スクールのコース案内

MG-1スクールのコース案内

3日間コースと5日間コース(初心者向け)

講習費用(¥216,000)+テキスト代(¥8,640)+申請費用(¥21,600) ※税込3日間コース(上級者向け)
講習費用(¥172,800)+テキスト代(¥8,640)+申請費用(¥21,600) ※税込講習内容

一般社団法人農林水産航空協会の講習マニュアルに準拠した内容
[座学]農薬の取り扱い、適正な防除について、航空法など
[実技]安定した散布コースの飛行、安全確認、緊急時の対応など

農薬散布用ドローン講習のQ&A

農薬散布用ドローンの講習はどこで行われますか?
講習は宮城県仙台市泉区の弊社の事務所となります。
5日間コース(初心者向け)と3日間コース(上級者向け)の違いは?
ヘリの散布経験者の方は3日間コース、散布未経験は5日間コースとなります。一般的なドローンの飛行経験とは別で散布経験で判断しています。
講習は連続した日程になりますか?
原則としては、連続した5日間または3日間です。ただし、お客様のご都合に合わせて調整も可能ですので、ご相談ください。

農薬散布用ドローン導入の際によくある質問と答え

ドローン散布は従来方法とどう違うのですか?
ドローン散布は産業用無人ヘリに比べ小型で安価なのが特徴。
さらに自分たちで認定証や機体を持っていれば適正な時期にに農薬散布ができます。農薬散布を請け負うヘリ会社でもドローンを導入しているところが数多くあります。
講習場所はどこになりますか?
講習は宮城県仙台市泉区の弊社の事務所となります。実技は宮城県仙台市泉区となります。

ドローンと法規制について

ドローンの利用にはさまざまな法規制があります。航空法や道路交通法、農薬散布であれば農薬=劇薬となり危険物輸送や物件投下など。たとえ自分の農地であってもこれらは法規制の対象となります。

農水省認定ドローンは操縦認定証が必須です。そういった点から、機体の性能だけでなく、操縦者の知識や技術も確かなものでなければいけません。

ドローンを導入することは、敷居の高いイメージを持たれている人も多いとは思います。日本の食文化にも深い関わりを持つ農業を支えるためにも、ドローンは欠かせないものとなります。
まずは一歩、踏み出してみませんか?エックス-D.ドローン仙台が丁寧に、また全力でサポートします。

農業散布専用ドローンのほか、個人法人問わずにドローン講習を承っております。ほんの少しの疑問やご興味があれば、お気軽にご相談ください。

ドローンに関するお問合せ・ご相談はこちら
ドローンを使った業務、機材の導入、操縦者の養成など、御社でドローンの導入をお考えであれば、ぜひ、ドローンの専門家である弊社へご相談ください。

ドローンの質問をする

仙台のドローン屋さん電話番号

産業用ドローン専門エックス-D.ドローン仙台
〒981-3206
宮城県仙台市泉区明通4丁目7
東北ロジスティックセンター1-D号室
電話:022-739-8861
Mail:info@xd-fun.com
Googleマップ