DJI Matrice 100は、用途に合わせてカスタマイズができる機体。基本は開発者用の機体なので、飛行の安定性は抜群。組み合わせによりさまざまな状況で活躍します。

開発者向けドローン DJI Matrice 100

DJI Matrice 100は、空撮目的のドローンとは違い、開発者や研究者向けに生み出された機体です。

Matrice 100 には、拡張ベイや複数のポートが搭載されており、さまざまなプロジェクトに対応できるよう、カスタマイズに優れた性能を持ち合わせています。

クアッドコプターとして作られた Matrice 100は、見た目はシンプルなデザインですが、カメラをはじめとして、通信機器やセンサー、コンピューターボードなどあらゆるデバイスを積載することが可能。研究やテスト飛行など、それぞれの用途に的確に合わせてパーツを構築することができます。

また、Matrice 100 は、開発者や研究者が目的とするプロジェクトに集中できるよう、飛行に特化したプラットフォームで構築されています。

フレームには複雑な操縦環境にも対応した技術が組み込まれ、自動管理で飛行することができるので、フライトに気をとらわれずに作業に集中できるといえます。システム開発、プロジェクト遂行と、産業へのドローン参入に一役も二役も買いそうな飛行技術を持ち合わせた点が、DJI Matrice 100 の最大の特長です。

プログラムで制御可能とした DJI の技術

Matrice 100 は、DJI のソフトウエア開発キットである SDK(Software Development Kit)を使うことにより、機体をどのように飛行して何をするのかをプログラミングすることができます。これによって、システム全体でリアルタイムに情報取得することが可能です。

また、DJI のGuidanceシステムとの連携が可能です。最大高度は20mまで。超音波センサーとステレオカメラにて位置情報を取得して、障害物から回避する視覚センサーシステムを使えば、より安全に飛行させることができます。たとえ複雑な地形で高速にフライトさせる環境でも、高精度ステレオアルゴリズムによって障害物を検知します。

トルクアームは3段階の調節ができます。柔軟性を持たせている4つのアームトルクは、素早くアングルを変えることができ、あらゆる目的に対応できる作りとなっています。3つの角度で傾けることができるので、従来のトルクアームが持つ問題点、ヨートルク(=ブレーキ制動力)や反応性が改善されています。

軽量のフレームで長時間の飛行が可能

Matrice 100 の最大飛行時間は約40分。ここまでの飛行を実現しているのは、フレームが軽量だからこそといえるでしょう。

他パーツを搭載する場合にペイロードの関係から飛行時間短縮の心配が出てくるかと思います。ですが、そこも柔軟に対応しているのが Matrice 100 の優れた点です。

別売りの予備バッテリーを専用のパワースロットに差し込むデュアルバッテリーに対応しています。2台のバッテリーを搭載することによって長時間の飛行を可能としています。

注意最大飛行時間は、予備バッテリー TB48Dを2つ使用して追加ペイロード無しで構築された環境下でのホバリング時間です。

ドローンの夢が広がる「DJI Matrice 100」

DJI Matrice 100 が、研究者向けの機体ということがよく伝わる動画がこちらです。

一般的にドローンの動画といえば、飛行時に撮影された美しい景色や、ドローンそのものの動きを映した映像など、その能力が伝わるようなものが多いかと思います。

ですがご紹介した動画は、研究者がパソコン上でプログラムやカメラをいじっている様子などが紹介されているだけで、美しい映像といった内容がまったくありません。

空撮目的で恰好のいいドローンを求めている人には不向きかもしれません。ですが、開発者や研究者にとっては、気になる要素がいっぱい詰まった興味深い内容に仕上がっている動画といえるでしょう。パソコンを自作で構築できる人にとっても気になる面が多いのではないでしょうか?

将来性のあるドローン産業を開拓していくには、まさに打ってつけの機体です。

Matrice 100 主なスペック

Matrice 100 の主なスペックをご紹介します。

製品名Matrice 100
機体価格(税込)430,920円
カラー
対角寸法650㎜
重量
(TB47Dバッテリー搭載時)
2355g
重量
(TB48Dバッテリー搭載時)
2431g
最大離陸重量3400g
拡張ベイ重量34g
バッテリー
コンパートメント重量
160g
カメラ搭載時
Zenmuse X3ジンバル重量
247g
性能ホバリング精度※1垂直:0.5m、水平:2.5m
最大角速度ピッチ:300°/s、ヨー:150°/s
最大チルド角35°
最大上昇速度5m/s
最大下降速度4m/s
最大離陸重量3400g
最大風圧抵抗10m/s
最大速度22m/s
(ATTIモード)※3
17 m/s
(GPSモード)※3
ホバリング時間
(TB47Dバッテリー搭載時)
ペイロードなし:22分
ペイロード500g:17分
ペイロード1kg:13分
ホバリング時間
(TB48Dバッテリー搭載時)
ペイロードなし:28分
ペイロード500g:20分
ペイロード1kg:16分
ホバリング時間
(2個のTB47Dバッテリー搭載時)
ペイロードなし:33分
ホバリング時間
(2個のTB48Dバッテリー搭載時)
ペイロードなし:40分
ホバリング時間
(TB47Dバッテリー
およびZenmuse X3搭載時)
ペイロードなし:19分
ホバリング時間
(TB48Dバッテリー
およびZenmuse X3搭載時)
ペイロードなし:23分
フライトコントロール
システム
型式N1
送信機名称C1
動作周波数922.7~927.7MHz(日本仕様)
伝送距離2km※2
EIRP10dBm@900M
13dBm@5.8G
20dBm@2.4G
ビデオ出力USB、Mini-HDMI
電源内臓バッテリー
充電器DJI純正充電器
2パイロット機能マスター・スレーブ接続
出力電力9W
対応デバイススマートフォンおよびタブレット
対応デバイス最大幅170㎜
バッテリー(標準)名称インテリジェント・フライト・バッテリー
型式TB47D
容量4500mAh
電圧22.2V
バッテリータイプLiPo 6S
電力量99.9W
正味重量600g
最大充電電力180W
推奨システムモーターの型式DJI 3510
プロペラの型式DJI 1345s
ESCの型式DJI E SERIES 620D
充電器型式A14-100P1A
電圧出力26.3V
定格電力100W
※1 PモードでGPS使用した場合です。
※2 屋外で遮るものがない状態です。
※3 ペイロードなし、無風状態の場合です。

ドローンを極めたい~研究者向け Matrice 100

他の機体に比べると何処か無機質で洗練されていない見た目ですが、それはそれだけカスタマイズに優れているという証拠。軽量フレームと効率重視のモーターを使用し、さらに予備バッテリー用のパワースロットまで備わっているので、長時間の作業には高く評価できるといっても過言ではありません。

全方位障害物検知機能も搭載されていることから、無駄のない確実な飛行が可能。機体はすべてプログラム制御ということから、扱える人が限られるものの、技術力が高ければ高いほどに、面白味を感じるドローンといえます。

弊社ではズーム機能のあるカメラを使用して、点検や調査業務で Matrice 100 を活用しています。

使う側の知識とスキル次第で最大限に発揮するドローン Matrice 100 。産業へのドローン参入を考えている人には、ぜひお薦めしたい機体です。