022-739-8861

エックスD仙台は、仙台市泉区に事務所がありドローンを使った調査撮影から機体の販売までトータルでサポートしています。

産業ドローン専門エックスディー仙台宮城

スマホで正確な距離が測れる「地図計測プロ」の使い方

地図計測プロの概要 地図計測プロとは、地図上で指定した範囲の距離や面積を計測できるアプリケーションです。 土木や測量分野での業務に最適なツールとして使われています。 地球表面の湾曲も計算に入れる正確性があり、位置情報は複数個所指定できるので、急カーブが続くようなつづら折りの道路なども計測が可能です。 地図計測プロのアプリはこちらからダウンロードできます。 価格 無料 App内課金有り 標準バージョン ¥600 余分なマップ付きパッケージ ¥3,500 プロフェッショナルバージョン ¥3,700 毎月のスト ...

DJI GO4

DJI GO4の機能説明と使い方のポイント

DJI GO4 概要 DJI GO4 とは、DJI社で提供している公式アプリです。 タブレットやスマホにインストールして通信機に繋ぐことにより、各機体を扱えます。 このアプリは、機体および送信機(プロポ)の各種設定、撮影した映像編集、リアルタイムで飛行中のカメラ映像をモニター越しで確認できるなど、さまざまなサポートをします。(2018年11月執筆) DJI GO4 対応機種 Spark Mavic Pro Platinum Mavic Pro Phantom4 Pro Plus V2.0 Phantom4 ...

第141回 秋田種苗交換会

農業分野のドローンの可能性!「秋田県種苗交換会」に行ってきました

日本最大級の農業の大祭典「秋田県種苗交換会」。今年は第141回が行われ、農業分野のドローン発展のために伺ってまいりましたのでレポートいたします。

福島ロボットテストフィールド

福島ロボットテストフィールドに行ってきました

福島にはドローンをはじめとしたロボットの研究・開発拠点となる大規模施設「福島ロボットテストフィールド」が2018年度より順次開所されています。 今回はその施設に伺うことができましたので、紹介と訪れた感想をレポートいたします。

ジャパンイノベーションチャレンジ

上士幌開催ドローンコンテスト!JIC2018「課題2達成」結果報告

昨年から参加した大規模ドローンコンテスト「ジャパンイノベーションチャレンジ」に今年も「チーム東北JV」として参戦してまいりました。 結果は……駆付を2回達成です! 今回は結果報告と開催時の様子をレポートいたします!

AirDate

ドローン管理に最適!AirData UAVの使い方

どのくらいフライトさせたら?バッテリーの寿命は? ドローンを所有すると同時に、機体やバッテリーの状況を知る必要があります。 ドローンの台数が増えれば、その全てを把握するのは大変なものです。 それを解決するのが『AirData UAV』。 ドローンの所有者には大変お薦めなサービスです。

flylitchi

DJIのドローンを自動操縦させるLitchi(ライチ)の使い方

DJIのドローンを使った自動航行には、メーカーで公開しているDJI GS PROがありますが、今回は、DJI製品の自動航行ができるLitchi(ライチ)というアプリをご紹介します。 Litchi(ライチ)の特徴 Litchi(ライチ)の便利な機能としては、何と言ってもパソコン上で飛行プランを作れるところにあります。 タブレットをタップしながらもプランは作れますが、大きな画面でポイントをクリックしながら作った方が楽で、間違いの少ないプランが作れます。 更にクラウド上にプランを保存し、同じアカウント同士であれ ...

jic

ロボットによる夜の山岳救助「Japan Innovation Challenge 2018」

今年で3回目となるロボットを使った山岳遭難救助コンテスト「Japan Innovation Challenge」。 昨年は初参加であったものの、見事に課題クリアをいたしました。 今年も参加しますので、昨年までとの違いなど、概要をご紹介します。

cmrc2018

国内初ドローン海難救助コンテスト「CMRC2018」-「救難」優勝報告!

先日、銚子(ちょうし)にて行われたマリンレスキューチャレンジ2018に参加してきました。 結果は課題2「救難」で見事優勝! 今回はそのコンテストの様子と結果をレポートいたします。

遭難救助を想定した「Japan Innovation Challenge 2017」に参加

秋は北海道のドローンイベントが熱い! 遭難救助を想定した「Japan Innovation Challenge 2017(ジャパンイノベーションチャレンジ2017)」! 「Japan Innovation Challenge 2017」は北海道を舞台に繰り広げられる、大規模なロボットコンテスト。 今年で2回目となるイベントに、弊社も仲間の会社と共にチーム東北JVとして参加しました。 まずは以下で、イベントの詳細をご紹介します。