DJIのドローンを自動操縦させるアプリLitchiの使い方

DJIのドローンを使っている方は、殆どの方がDJI GOアプリを使っていると思います。
このアプリはメーカーのアプリですので、当然、使いやすく安心感もあります。

ただ、自動操縦だけがちょっと難あり。
できないわけではありませんが、それほど便利とも言えませんね。

ここでは、InspireやPhantomシリーズの自動操縦を可能にするアプリLitchi(ライチ)をご紹介します。

奥が深い自動操縦させるアプリLitchi

Litchiはとても多くの機能があります。
この記事のみですべてを説明することはできませんので、まずは、こんな感じか!というイメージだけお伝えし、次回から細かい設定方法をご説明します。

パソコンでフライトプランを作る方法

Litchiでは、PCで作成したフライトプランを同期しスマートフォンやタブレットをドローン本体とリンクして自動操縦することができます。もちろん、タブレット上で作成したプランで飛行させることもできます。
2016年7月15日現在

アカウント登録

1、Litchiのホームページを開く
https://flylitchi.com/

2、画面上のメニューから「Mission Hub」をクリック
Litchi

開くと下記のような画面になります。(地図の場所に意味はありません)

3、ログイン
画面右上のログインボタンをクリック
2016-07-15 11-52-47

Facebookのアカウントを持っている方は、「Login with Facebook」をクリック。持っていない方は、Emailとパスワードを登録します。

新規フライトプランの作り方

1、飛行場所の地図を出す。左上の検索ボックスに住所や名称を入力すると画面に地図が表示されます。
表示方法は地図と航空写真が選べます。

今回は仮の場所として、ドローン練習場ブーメランの表示させています。

2、左下の「MISSIONS」をクリックし「New」を選択しクリック

3、次に自動飛行させたいポイントをクリックしていきます。

右側に出るウィンドウの説明は、別途解説します。ここでは、飛行ルートの設定のイメージを見ていただければと思います。

2016-07-15 11-55-07

4、フライトプランの保存
左下の「MISSIONS」をクリックし「Save」を選択しクリック

覚えやすいフライトプラン名を記入し、「Save」をクリックします。

後はこの保存したフライトプランをドローンを飛ばすときに使うタブレットやスマートフォンで読み込み、ドローンに転送すれば自動操縦が実現します。

今後の解説

Litchiをより詳しく知ってもらうため、今後、下記の説明を追加します。

  • タブレットでフライトプランを読み込み、ドローンに転送する方法
  • 「Mission Hub」及びアプリの表記の説明
  • 高度やカメラの方向など詳細設定の方法

One Response to “DJIのドローンを自動操縦させるアプリLitchiの使い方”

お問合せ・ご相談はこちら

ドローンサービスについてのお問合せやご相談

ドローンサービスについてのお問合せやご相談

電話:022-738-7828
メール:info@xd-fun.com