DJI GO以外のアプリを使ってドローンを飛行させると、飛行履歴が一元管理できずに不便さを感じていました。
そんな時に役に立つ、飛行管理に使えるサイト「HealthyDrones」をご紹介します。

無料アカウントでも機能は限定されますが、利用可能です。

AirDATA UAVの特長

サポートされている機体

  • DJI Phantom 3 Standard
  • DJI Phantom 3 Advanced
  • DJI Phantom 3 Professional
  • DJI Inspire 1
  • DJI Inspire 1 Pro
  • DJI Matrice 100
  • DJI Phantom 4
※2016/10/5現在

アカウントの登録方法

https://healthydrones.com/

まずは、アカウントの登録から。

その後、入力したメールアドレスに自動返信が届くので、記載されているURLをクリックして登録完了です。

自動でデータをアップロードできます

  • HD Sync (Android and iOS) – upload your DJI GO flights automatically
  • Litchi (Android and iOS)
  • Top Pilot (Android)
  • AutoPilot (iOS)
  • DJI Ultimate Flight (Android)
  • Maps Made Easy Map Pilot (iOS) – Auto upload is coming soon

AirDATA UAVのアップロードの方法はこちら

全編英語ですが、苦手な弊社でもできたので大丈夫。部分的に翻訳すれば設定できます。

AirDATA UAVの使い方

DJI GO以外にも複数のアプリを使うユーザーには管理の手間が省けてとても良いツールだと思います。

法人で複数のパイロットの管理が必要な場合には有料版がおすすめです。

HealthyDronesは無料版でも様々なデータを記録することができます。

DJI GOとの比較

DJI GOAirDATA UAV

AirDATA UAVのまとめ

1 2